「名前のみ」銀行印のすすめ

女性には名前のみの銀行印がおすすめ

「名前のみ」とはつまり、姓名の「名」、ファーストネームのみ(山田 太郎さんの場合は太郎)ということです。

 印鑑といえば、苗字だけを彫ってあるものだというイメージが一般的なので、
「そもそもそんなの銀行印として登録できるの?」
と思われるかもしれません。

 

odoroki.jpg

 

 実は、銀行印として「名」のみの印鑑を使用することは可能です。そしてズバリ、女性には特にファーストネーム印鑑がおすすめです。

女性の場合は、結婚した際に苗字が変わることが多いです。そのため独身の時に姓もしくはフルネームで印鑑を作ってしまうと、結婚してからまた新しい印鑑を作り直さなければなりません。印鑑の作り直しは面倒ですし、お金もかかります。初めから「名」のみで作っていればその心配はないので、ぜひファーストネーム印鑑を作っておくことをおすすめします。

 

男性が名前のみの銀行印をもつメリット

ファーストネーム印鑑が女性におすすめだというポイントをご紹介しました。では男性にとってはどうでしょうか?

 

dansei.jpg

 

女性でファーストネーム印鑑を使用している方は見かけますが、男性ではほとんど見かけません。男性はほとんどの場合、結婚しても苗字が変わりませんし、自分の名前のハンコが人の目に触れるのが恥ずかしいと思われるかもしれません。

しかし、実は「名」のみの銀行印を使うメリットは男性にもあるのです。
男性のファーストネーム印鑑というのは、使っている人が少なく、非常に珍しいため、苗字の印鑑に比べて防犯効果が高いです。特にセキュリティが重要な銀行印においては、非常に効果的な印鑑だと言えます。

また、銀行印だけをファーストネーム印鑑にすることで、認印・実印と一目で見分けることも可能になります。
つまりファーストネーム印鑑にすることで、

  • 防犯効果の高い印鑑が作れる
  • 実印・認印との明確な区別ができる

 という2つのメリットが生まれます。
特に銀行印は、銀行の職員くらいしか目にすることはありませんので、気軽に作ってみることをおすすめします。

 

「ひらがな」「カタカナ」は登録できる?

名前印鑑の、様々なメリットをご説明してきたので、もしかするとあなたも名前印鑑を作りたくなったと思われているかもしれません。ですが、ひらがなやカタカナが入っている場合はどうでしょうか?

 

hiragana.png

 

「ひらがな」「カタカナ」での銀行印は作れます。

ただし、かなで印鑑を作る場合、書体に気を付けましょう。
ひらがなやカタカナの印鑑は、漢字とは雰囲気がかなり変わってきます。漢字だと立派に見える書体でも、かなだと間抜けに見えてしまうこともあります。

そこでかな印鑑を作る際におすすめなのが「印相対(いんそうたい)」です。
印相対はすべての点が外枠と接しているため、かなでも見栄えがよくなります。

 

名前印鑑には意外とメリットが多いのです
女性だけでなく、男性にもおすすめできるポイントも多いので、ぜひこの機会に検討されてはいかがでしょうか。