銀行印を紛失してしまった時の対処法

紛失後はすぐに連絡と変更手続きを

「銀行印をなくしてしまった!どうしたらいいの?」

 

shock.jpg

 

銀行印は言わずもがな、銀行との取引に必要な非常に重要なものです。もしかすると、あなたの銀行印が悪用されてしまうかもしれません。そう思うとつい慌ててしまいますよね。
ですが、こんなときこそ冷静になりましょう。落ち着いてすぐに行動すれば大丈夫です。紛失後にすべきことを順番にご説明します。

【Step1】まずは連絡を
とにかくまずは紛失した印鑑での取引を停止することが最優先です。なくしたと気づいたらすぐに銀行に連絡しましょう。電話ですぐに取引を停止することができます。

【Step2】新しい印鑑を登録
電話で取引を停止したら、銀行の窓口で新しい印鑑を登録しましょう。この場合は、できるだけ本人による手続きが望ましいです。

【Step3】手続き完了
たったこれだけの手順で大丈夫です。銀行によって、即日手続き完了する場合や、数日かかる場合が様々です。手続きが完了次第、新しい銀行印の使用が可能になります。

 

 以上の流れで、新しい印鑑を登録することができます。こういった非常時にこそ落ち着いて、かつ迅速に対応しましょう。

 

「みずほ銀行」の銀行印をなくしたときは

それではみずほ銀行の例を見てみましょう。

 

mizuho.gif

 

【Step1】電話で連絡する
まずは銀行に連絡しましょう。印鑑の取引を停止させます。
月曜日~金曜日9:00~17:00までは取引店(口座を作った支店)に連絡しましょう。上記以外の時間帯は、フリーダイヤル0120-415-415 海外からは03-5500-3737まで連絡できます。

【Step2-1】新しい印鑑で銀行印登録したい場合
例によって取引店・最寄りの支店の窓口にて手続きをしましょう。(取引店以外の場合は、上記のように日数がかかることがあります。)
その際に以下のものが必要です。

  • 通帳
  • 新しく登録したい印鑑
  • 本人確認書類

【Step2-2】なくした印鑑を発見した場合
再度、その印鑑を使う場合でも銀行の窓口にて手続きする必要があります。取引店もしくは最寄り支店に行きましょう。ただし、取引店以外の場合は、取引店への取次になるので日数がかかってしまう場合があるので注意してください。
その際に以下のものが必要です。

  • 発見した印鑑
  • 通帳
  • 本人確認書類

 

みずほ銀行では、本人確認書類の提示が求められるので忘れずに持っていきましょう。本人確認書類は、免許証などのように、顔写真が載っているものが好ましいです。

 

「ゆうちょ銀行」の銀行印をなくしたときは

次に、ゆうちょ銀行の例をご説明します。

 

yuutcho.gif

 

【Step0】必要なもの

  • 通帳、証書、保管証など変更が必要なもの
  • 新しく届けたい印鑑
  • 顔写真付きの本人確認書類

【Step1】すぐに窓口へ
最寄りのゆうちょ銀行または郵便局窓口にて、印鑑を紛失した旨を速やかに伝えましょう。

【Step2】改印届書を提出する
窓口にて「改印届書」を受け取り、必要事項に記入して提出します。 手続きは即日完了します。
代理人による手続きの場合、名義人本人に電話確認が必要になるので、本人が電話に出られる状態にしておきましょう。

 

以上が、銀行印を紛失したときの対処法です。銀行によって手続きの流れや必要なものが異なるので、落ち着いて確認しましょう。銀行印はとても重要な印鑑です。なくしたときは、できるだけ早く行動しましょう。